八坂神社

祇園神社の名で知られていることもありますが、八坂神社はおそらく京都市内で最も知られている神社です。

もともと1350年以上前に建てられたもので、東山地区と観光地として有名な祇園地区の中心に位置しています。八坂神社は、市内で最も一般的に訪れる観光スポットの1つです。多くの人がここ2つの主要エリアを散策しています。

神社の本堂には、本殿とまたは拝殿が1つの建物に集結しています。その前には、夕方には何百もの美しい灯籠が点灯し、それぞれが地元の企業から寄付され、その名を冠した舞殿があります。

八坂神社で開催される最も人気のある行事の1つは、毎年7月に開催される祇園祭、または夏祭りです。おそらく全国で最も有名な祭りで、祇園祭の伝統は千年以上前に戻り、何百人もの人々と巨大なみこしの行列が見られます。

4月には桜の季節になると、八坂神社に数多くのの観光客が訪れます。